代表あいさつ

このページをご覧いただきありがとう御座います。

代表 冨田 亜樹夫

AKIO TOMITA

辰年・AB型・天秤座

※もう少し実物の方が・・・老けてます。

<略歴>
福岡県柳川市の病院にて生まれる。
宮崎県宮崎市・日南市育ち。
神奈川県海老名市在住。

宮崎西高等学校を卒業後、
浪人期間を経て上京、大学進学。

学生時代より、学習支援塾を立ち上げ、
東京・神奈川・宮崎にて開設。
教育における地域間格差、
教育における経済力の格差を、
微力ながら是正すべく尽力。

その後、
外資系最大手損害保険会社へ入社。
国内大手損害保険会社を経て、
現在に至る。

2児と1匹の父親。
妻の地元にて2世帯生活を送っております。

<所属・会員・サポーター>
横浜商工会議所・海老名商工会議所
公益社団法人横浜中法人会・大和法人会
日本STEM教育学会
特定非営利活動法人日本ファイナンシャルプランナーズ協会
一般社団法人ドルコスト平均法協会
NPO法人チャリティーサンタ相模支部 運営ボランティアスタッフ
海老名市消防団・海老名市交通安全協会
海老名市男女共同参画社会推進員 など

<教育者的なプロフィール>

国立大学附属中学に合格。
行かず、地元の公立中学へ進学。
【中学時代】
(部活動):バスケットボール部
体育館で吐くほどのハードな練習の日々を過ごす。
(成 績):県の数学テスト3年連続1位

私立高校に特待生合格。
行かず、県内1.2を争う公立高校の普通科へ進学。

【高校生時代】
限られた時間の中、文武両道の日々を過ごす。
(部活動):バスケットボール部 ⇒ 県3位
(成 績):文系の選抜クラス(文系学部志望の為)
定期テストはそこそこ。模試の成績が良かった。(通称:模試お)
(生徒会):副会長 兼 いくつかの委員長をかけ持つ。
生徒会になれる最後の機会に調子に乗り立候補。放送部の部長を巻き込み、生徒会長に据える。(話し方がきれいなので)
(進 路):当初は、九州の旧帝国大を志望していたが、途中から、東京の旧帝国大への憧れが強くなる。受験に必要な科目数が足りず(履修不足問題)、実力も足りず、浪人する事を決意。WやKの指定校推薦、地方の国立大学の推薦も薦めていただいたが辞退。

【浪人時代】
現役時代より通っていた、某衛星予備校にて勉強の日々を過ごす・・・おりに、梅雨~初夏の時期、突如、廃校。

幼過ぎた、地方の浪人生には、状況の変化に対応がしきれず、歯車が狂い始める。

最大の要因は、『実力不足』です。

紆余曲折を経て、
地元の国立大学と東京の私立大学にひろっていただき、上京進学させていただく。

【大学生時代】
(教職員養成課程修了)
・中学校教諭一種 社会科
・高等学校教諭一種 地歴科 / 公民科

1年生の頃より、
家庭教師として小学生・中学生・高校生を指導。
個別指導塾にて高校理系科目以外指導。

その後、ひょんなご縁により、
宮崎、東京、神奈川にて小さな学習支援塾を開塾。

家庭教師と学習支援はずっと続けていたので、
指導歴12年目になります。

~近日更新~